MemorialDUST

ゲーム記事多め。たまに寄り道。たまに脱線。いつも鈍行。

ジ・エンドっていう始まり

最近また復帰気味のあのゲーム
League of Legends

LJLっていう、いわゆる日本のプロゲーマー同士の試合を見てるとこう・・・
ムズムズすりゅー(某ルッキーニ風
っていうやつですかね

ただ対人行くのはどうも・・・ってなわけで
対AI戦にしてボコ
99%勝てるとわかってるので、誰がどんなキャラ選んでも気にしない
名称未設定-1
↑ゲーム内プロフ(クリックして拡大

半年前くらいにやってた時は、ジンクスっていうイカレタ女の子を動かしていたんだけど
最近の流行りは背景にでっかく写ってる仮面かぶったおっさんことジン
あとちょいと前に爆弾をホイホイ投げるジグスっていうキャラも動かしてた

気づいたら全員頭に
ナンテコッタイってなわけで、少し他のも練習中
AI戦だったら大丈夫!・・・・なはず

ただ相変わらずAttackDamageCarryっていうポジションにはこだわり続けてるのが問題だったりする

めっちゃ狙われるし、
すぐ死ぬし、
相方と仲良くできなかったらお通夜
みたいな

でもタワーぶっ壊したり、
死ぬか死なないかの瀬戸際でずっと殴り続けられるのはADCの特権だし、そこがおもろい

そこにたどり着くまでが結構大変だったりするんだけども
以下へっぽこADCの垂れ流し
知り合いと何回か対人行った時の中の一つ
名称未設定-2
実際のゲーム画面の一部

左側のなんか赤いやつが自分
右側の草むらに隠れてるのが相方 ブリッツ(キャラ名)君

上にいるのが今回の敵のADC
敵のADCの相方はまだ合流できてないってところ

この状態って
敵キャラ殴れるんじゃないか
リプレイ見ながら今更思うの

というのも、今回の相方のブリッツ君は
名称未設定-3
手が伸びる
んで捕まえて

名称未設定-4
引き寄せる
という初心者殺しのキャラ

強制的にこちら側へ引き寄せるので、
敵の相方との距離が離れる
>一時的に2V1になる
 >こっちのダメージが一方的に入る

ってのを繰り返しできるのが強み(というかこれしかない)
ただこれもちゃんと息が合ってないと、ただの1v1になってしまったり、
最悪の場合キルされてしまうってのがよくある話

話してない相方と、一瞬の判断で殴るってのは難しい
まぁ今回の場合、
自分がブリッツを動かしてるわけではないので、タイミングは相方任せになってしまうのだけど。

結果的には
序盤のレーニングで差をつけることができて、ゲーム全体でも勝てたんだけど
できてないことがどうにも多かった試合だったなぁと。

んでここ最近対人行ったときにできてなかったことをまとめ

*CS/毎分が6を超えられない
半年ほど前に比べれば、安定してるのは事実。ただしジンのみ。
でも残念ながら対面にCS差をつけられることが、かなり多い
ざっと見てると、対面は毎分CS6以上は大体とってるので、そこを維持したい
レーニング後のファームも課題だったりする

*ミニマップ(右下)を見る癖をつける
Gankの管理を相方だけに任せずに、自分でリスク管理できるように。

*対面の怖いスキルを警戒できるように
最低でも対面とJG。できれば敵全員分だけど、それできたらプロになれそう(なれるとは言ってない

*相方の強みを理解してダメージ交換を
言葉のママ。スレッシュのランタン忘れんなよ(遠い目

*Tab押してCS差・ビルドを確認しよ
意識してからちょっとずつ。でも開始から10分経ってもしてないこと多い。
もうすこし頻繁に見れれば対応できることもあるはず。

*各レーンの状況をチラ見できるように
リコール後にするだけでも大分違う。
積極的にカメラ動かすの大事。AI戦でも実感できる。
これできるかどうかで、寄りの速度がきまるから意識したい。

*集団戦でのポジショニング
そこ立ってて大丈夫?(戒め
相手JG・キャリー陣の位置確認できた?
CC当たらない?ほんとに大丈夫?(2回目
しっかりダメージ出せる位置を確認。できなきゃ寄らないのも大事かも。

実は去年の6月に挙げた課題とそこまで変わってないのだけど、少し具体的になったかな?
あとは
意識が対面だけじゃなくて、全体のことをほんの少しとらえるようになったかなぁと。

でもまだゲームの終わらせ方とか、レーニング後の動きとかボヤっとしてる部分は多い。
AI戦だとこの部分は練習できないから、
せめてキャラが手になじむようにはしときたいなぁ。

これをAIで癖づけてみるのよ
関連記事

Comment

Add your comment

Latest